使い捨てをするのではなく、修理をして使うことが重要

つまりを解消する

リビングインテリア10

トイレつまりは基本的に紙をたくさん使用しすぎたり、流す水流が少ない場合んおこりやすく、それらは特にマンションなどであれば階下への被害となりかねません。人の深層心理としてトイレがつまってしまった場合についつい流してしまうといった事例もあるので、緊急時は慌てる事無く、冷静に対応するのが何よりと言えます。 トイレつまりの解消法として、もっとも自身で行え効果のある方法といえば、すっぽん(ラバーカップ)で水面を押し込むようにするとトイレつまりが解消ができます。コツは少し要りますが、慣れればすぐに対処できます。ラバーカップはホームセンターの衛生のコーナーに必ずといっていいほど置いてあるので、いざという時のために設置しておくのがお勧めです。

トイレつまりは水面のみならせず、手洗い部分が芳香剤に遮断され起こることもあります。芳香剤は効果がある反面、ズレることにより手洗い部がつまって漏水にもなりえるので水面と同じくらい注意を払う必要性があります。 トイレの他のトラブルであれば、ウォシュレットなどの誤作動があります。ウォシュレットは電気的な部分があり、水を使用するトイレなどでは端子部分に水かかってしまい、機能を果たさなくなるといった場合もあります。そのような場合では個人で行うには感電の危険性があるので、電気の知識をもった専門家へと依頼が無難であり、安全に取り換えることができます。水回りの修理は自身で行えるのか、それとも業者依頼するのがよいのか見極めが大切といえます。